一般診療

一般内科

echo

内科診療とはお薬を中心とした治療を行う診療です。

動物は言葉を話せないので、ご自宅での症状や見た目非常に重要です。

→症状から考えられる病気の候補はこちら

症状から病気の原因部位をある程度想定し、必要に応じて検査・投薬などを行っていきます。
ただし、状況によっては多くの検査が必要になり、費用も多く発生することがありますので、検査内容などについては飼い主様とご相談させていただきながら進めさせていただいております。

一般外科

外科診療とは手術を中心とした治療を行う診療です。

軟部外科

cancer_ operation軟部外科とは、柔らかい組織(主に内蔵など)に発生した異常(腫瘍や腸閉塞など)を手術によって治療するものです。
現在、脳神経外科など一部の特殊な手術を除き、幅広く手術に対応しております。

整形外科

plate-rod整形外科とは、骨や関節などに発生した異常(骨折や脱臼など)を手術によって治療するものです。現在、一般的な骨折の整復手術は軟部外科と同様に対応しております。

特殊なケースや整復難易度の高い手術は専門医(横浜DVMs整形外科担当医)による院内手術や、大学病院などの二次診療施設へのご紹介により、対応させていただいております。

DVMsどうぶつ医療センター横浜へのリンク

セカンドオピニオン

当院ではセカンドオピニオンも積極的に受け付けております。
他院での検査結果などがあればお持ちください。
また逆に、他院へのセカンドオピニオンの要望もご遠慮なくお申し出ください。

予防医療

一度病気になってしまうと、動物自身の負担も飼い主様の負担も大きくなってしまいます。
当院では病気にならないための予防医学を推奨しています。

混合ワクチン

犬の混合ワクチン
dog_vaccine

6種と8種の混合ワクチンの接種を行っております。
6種混合ワクチンに「レプトスピラ感染症」のワクチンを含めたものが8種混合ワクチンです。
レプトスピラ感染症は主にネズミの尿によって伝搬される伝染病で、ヒトにも感染する人獣共通感染症です。散歩コースやお出かけ先にネズミが出現するようなエリアが含まれるなら(山のキャンプ場や河川敷、飲食店街の裏路地など)、8種類の混合ワクチンの接種が推奨されます。

 

猫の混合ワクチン
cat_vaccine

3種と7種の混合ワクチンの接種を行っております。
室内飼育の猫では3種混合ワクチン、外にも行くことのある猫では7種混合ワクチンの接種を推奨しています。

 

フィラリア予防

filaria_kusuri

フィラリアは蚊によって伝搬される寄生虫疾患で、犬糸状虫症(いぬしじょうちゅうしょう)とも呼ばれます。フィラリアは蚊が吸血するときに寄生し、約半年間かけて心臓の肺動脈へと寄生していきます。
一度寄生されると駆除は困難ですが、予防薬の使用によりほぼ確実に予防できます。当院では主に1カ月に1回投与する内服薬(錠剤、チュアブル)を処方しております。

 

ノミ・ダニ予防

nomi_dani_spot

ノミ・ダニは体の表面に寄生し、犬や猫の皮膚から吸血します。
吸血する際に、他の伝染病を伝搬することもあるため注意が必要です。

特に室内飼育の動物では、ノミに寄生されるとその卵が部屋中にまき散らされるため、完全な駆除にかなりの時間を要しますので、寄生されないことが重要です。
予防期間については散歩コースなどによって変わりますが、草むらに頻繁に行くようなライフスタイルであれば通年予防を推奨しております。

当院では1カ月間効果の持続する外用薬(背中に垂らすスポットオンタイプ)と内服薬(錠剤・チュアブル)を処方しております。
 

その他の寄生虫の駆除

回虫(かいちゅう)、条虫(じょうちゅう)などの消化管内寄生虫が、犬や猫ではよく認められます。
中には人にも感染する可能性のある「人獣共通感染症」もありますので、特に小さなお子様やご高齢の方がいっしょに生活している場合には定期的な駆虫が推奨されます。

 

酔い止め

yoidome

長時間の移動などで吐いてしまう犬には、酔い止めを処方致しております。
当院で通常処方するお薬は、「セレニア」というお薬です。
1回の投与で24時間効果が持続します。
旅行や帰省などで、車酔いが心配な方はご相談ください。

 

マイクロチップ

当院は協賛会社と共にマイクロチップ普及活動にも取り組んでおります。マイクロチップは地震や事故など、ワンちゃんネコちゃんが飼い主様と離ればなれになった時に確実な身分証明となります。

→マイクロチップの詳細はこちら