脂肪幹細胞療法のご紹介 | 東久留米 ハル犬猫病院

脂肪幹細胞療法のご紹介

こんにちは。東久留米の犬猫専門動物病院、ハル犬猫病院です。

今回は幹細胞療法のご紹介です。

幹細胞療法とは、病気や怪我をした犬猫から脂肪組織を少しだけとり、そこから増殖させた幹細胞を用いてダメージを受けた患者の細胞や組織を修復したり再生したりする治療法を指します。

効果が期待される病気としては骨折癒合不全、椎間板ヘルニアなどの脊髄損傷のほか、腎炎・肝炎、IBD(炎症性腸疾患)自己免疫性疾患(免疫病)などの炎症性疾患です。

一般的な治療法に反応しない場合には、幹細胞量が効果を示す場合もありますので、ご相談ください。

詳細はこちらから。

 

獣医師 鬼木

西東京、小平、花小金井からもアクセス良好な動物病院 東久留米ハル犬猫病院

東京都東久留米市前沢31030

TEL. 042-420-6353