目の異常は早めの対処を | 東久留米 ハル犬猫病院

目の異常は早めの対処を

こんにちは。東久留米の犬猫専門動物病院、ハル犬猫病院です。

犬も猫も、目をぶつけて怪我をすることがよくあります。

怪我(角膜の損傷)をした際は、眼を開けにくくする仕草がよく見られます。

また、怪我でなくても眼の内側から起こる変化として「ぶどう膜炎」や「緑内障」などもあります。ぶどう膜炎や緑内障では、初期は眼が充血して、やや眩しそうにする症状が見られることが多いです。

これら眼のトラブル全般に言えることですが「眼のトラブルの展開は早い」です。つまり、良くなる場合も早いですが、悪くなる場合も早いのです。

初期の対処が非常に重要な病気も多いので、眼の様子がおかしいな・・・、と思った際は早めの受診をお願いします。

獣医師 鬼木

西東京、小平、花小金井からもアクセス良好な動物病院 東久留米ハル犬猫病院

東京都東久留米市前沢31030

TEL. 042-420-6353