犬の「お座りテスト」 | 東久留米 ハル犬猫病院

犬の「お座りテスト」

こんにちは。東久留米市の犬猫専門動物病院、ハル犬猫病院です。

今回は膝の検査、「お座りテスト」をご紹介します。

名前はなんだか可愛いですが、ちゃんと「sit test」と獣医の教科書にもかかれている検査です。

検査はいたって簡単で、お座りをさせて、ちゃんと膝を折りたためているかどうかを見る検査です。

後ろ足を前に投げ出したり、ちょっとお尻を浮かせて外側にずらしてたりしたら陽性です。膝を曲げるのが痛い犬は、ちゃんとお座りができないのでこういった座り方になります。動物病院ではこの症状が見られた際、十字靭帯(フトモモとスネの骨をつなぐ靭帯の1つ)を痛めてないだろうか、というのをまず疑います(十字靭帯以外の問題でもこのテストが陽性になることはあります)。ある時から座り方が変わったな~、という際には一度動物病院にご相談ください。

獣医師 鬼木

西東京、小平、花小金井からもアクセス良好な動物病院 東久留米ハル犬猫病院

東京都東久留米市前沢31030

TEL. 042-420-6353(夜間救急対応は武蔵小金井本院で行なっておりますのでご注意ください)