犬と猫の脳腫瘍に対する内科治療5 | 東久留米 ハル犬猫病院

犬と猫の脳腫瘍に対する内科治療5

こんにちは、東久留米の犬猫専門病院、ハル犬猫病院です。

毎週月曜日は動物の腫瘍に関する情報を発信しております。

 

犬と猫の脳腫瘍に対する内科的な治療としては支持療法と化学療法があります。

支持療法は腫瘍に対しての治療ではなく腫瘍に伴う症状や治療による副作用に対しての予防策、症状を軽減させる治療のことです。

原則的に腫瘍が存在することによる頭蓋内圧亢進および脳浮腫に対する内科治療を行います。

使用する薬としてはグルココルチコイドと浸透圧利尿薬で、てんかん発作を有している患者では抗てんかん薬が用いられます。

 

獣医師 元風呂

西東京、小平、花小金井からもアクセス良好な動物病院 

東久留米ハル犬猫病院

東京都東久留米市前沢3−10−30

TEL. 042-420-6353