犬の口の腫瘍に関するおはなし7 | 東久留米 ハル犬猫病院

犬の口の腫瘍に関するおはなし7

こんにちは、東久留米の犬猫専門病院、ハル犬猫病院です。

毎週水曜日は動物の腫瘍に関する情報を発信しております。

口腔内悪性腫瘍の治療法、放射線療法についてです。

これは名前の通り放射線を腫瘍に照射して治療する方法です。

この方法も化学療法と同様に手術後の残存病変に対して行うのが一般的ですが腫瘍の種類や発生場所により一時的な腫瘍の管理や生存期間を延長させることを目的に使用することがあります。

この治療法では複数回の全身麻酔が必要となり治療施設も大学病院などに限られていること、費用が高額になることなどのデメリットがありますが手術が難しい場所や本人にメスを入れないで治療できることがメリットとなっています。

 

獣医師 元風呂

西東京、小平、花小金井からもアクセス良好な動物病院

東久留米ハル犬猫病院

東京都東久留米市前沢3−10−30

TEL. 042-420-6353